キャリーカートの使い道

最近、キャンプの道具を運んだりするときに便利そうなキャリーカートを見かけることはありませんか?
キャリーカートはキャンプだけに限らず、お花見花やバーベキューなどアウトドアイベントの際の、ちょっとした荷物の運搬にものすごく便利に使えます。また、折りたたみのキャリーカートを車に積んでおくと、大型モールでの買い物などでも活用すること間違いありません。

キャリーカートがあると荷物の移動が格段に楽になります。
台車と比べるとキャリーカートは、積める荷物の量が大幅に増えます。台車でたくさんの荷物を積もうとすると、ベルトなどで固定始める必要があり大いに手間がかかってしまうが、キャリーカートなら荷台にぐんぐん積んで出向くことができます。一層キャリーカートの場合、荷物を積み込む場合テーブルなどで壁を作って売ると搭載量が増えます。

キャンプ用にキャリーカートを購入したという声をぐっすり耳にしますが、確かにキャンプに出かける時折荷物は多くなります。沢山の荷物を車に積むときにキャリーカートがあると大変便利です。また、キャンプ場のフリーサイトで、車からサイトまで荷物を運ぶ時にも役立ちます。

ちなみに、キャリーカートに荷物を載せるのではなく、子供を乗せて運んでおる場面を目にすることがあります。キャリーカートは、耐荷重が100kgくらいある商品もあり、子供の体重からすると耐荷重的には至って問題がありません。実に、子供が双方乗っても難なく退くことができます。
子供を連れていると、駄々をこねたり、言うことを聴きてくれなかったり、泣いて動かなくなったりする事が多々ありますが、そんな時に子供をキャリーカートに乗せると、おとなしく乗ってくれ、子供は上機嫌で、大人も楽チンです。
但し、キャリーカートに子供が乗ずることは推奨されていないので、その場合は自己責任で細心の注意を払って乗せるようにしましょう。

このようにキャリーカートが活躍するおすすめの使い道は、各種アウトドア行事はもちろんのこと、音楽フェスや野外フェスなどの野外イベント、スポーツ観戦、海水浴、運動会、ガーデニング、家庭菜園、普段のお買い物など、各種事に使えます。推薦

赤ちゃんの便秘大丈夫?

新生児の赤ちゃんには、日に何度も水もののウンチをしているのに、離乳食が始まるとウンチの固さも回数も変わってきてちょっとでないとママは心配になってしまいます。
大人にも便秘がちな人とそうでない人がいるように、赤ちゃんのウンチの様子もいろいろです。
赤ちゃんの様子が変だと、慌てて小児科に行くと浣腸されて一気に元気になった!という例は数多く耳に入ります。
大人も子どもも本来は毎日快便が理想的です。
しかし、体質によっては2,3日出なくても平気な人もいれば、毎日でも出ないと体調や気分が悪くなる人もいます。
大人の場合は便秘で調子が悪いと思ったら、運動をしたり、薬を飲んだりと自分で手を打つことができますが、赤ちゃんは体調を知らせることも対処も自分ではできないからママも心配になります。
2,3日赤ちゃんがウンチが出ない場合は、まずは、赤ちゃんからのサインを取りこみましょう。
まずは、赤ちゃんのご機嫌だ。ウンチが出ていなくてもご機嫌が良いうちは心配いりません。でも、このままでない状態が貫くのも良くないので、水分を多めに加えたり、お腹のマッサージを通してあげたりください。逆に、ウンチが数日でずに、機嫌が悪賢い場合は、まずは便秘のせいだとして下さい。水分を数多くやったり、マッサージをください。それでウンチが出て、機嫌が酷い時は他の原因が思い当たるので、熱がないか、他の症状がないかをチェックします。
次に、食欲はあるか?ウンチが出ていなくても、食欲がある時折大丈夫です。しかし、固形物中心だと、便秘が進んでしまうので気をつけましょう。食欲がない時は、水分が取れるようなら摂らせてあげて、お腹のマッサージを通してあげます。極力便通を促してあげましょう。
また、お腹の張り具合は何とかチェックしましょう。
常にと特に変わりがない場合は、食物繊維が足りていないことが原因として挙げられます。食物繊維を多く含む食事と水分を与えて便通を促してあげましょう。逆に、お腹が張っている場合には、ウンチが出たがって要る証拠だ。水分をふんだんに加えたり、お腹のマッサージで便通を促して下さい。
この際、機嫌が悪くて、食欲も弱い、お腹も張って苦しそうだったり、食べても吐いてしまう場合は一気に病院へつれて行ってあげるようにしてください。参照サイト