キャリーカートの使い道

最近、キャンプの道具を運んだりするときに便利そうなキャリーカートを見かけることはありませんか?
キャリーカートはキャンプだけに限らず、お花見花やバーベキューなどアウトドアイベントの際の、ちょっとした荷物の運搬にものすごく便利に使えます。また、折りたたみのキャリーカートを車に積んでおくと、大型モールでの買い物などでも活用すること間違いありません。

キャリーカートがあると荷物の移動が格段に楽になります。
台車と比べるとキャリーカートは、積める荷物の量が大幅に増えます。台車でたくさんの荷物を積もうとすると、ベルトなどで固定始める必要があり大いに手間がかかってしまうが、キャリーカートなら荷台にぐんぐん積んで出向くことができます。一層キャリーカートの場合、荷物を積み込む場合テーブルなどで壁を作って売ると搭載量が増えます。

キャンプ用にキャリーカートを購入したという声をぐっすり耳にしますが、確かにキャンプに出かける時折荷物は多くなります。沢山の荷物を車に積むときにキャリーカートがあると大変便利です。また、キャンプ場のフリーサイトで、車からサイトまで荷物を運ぶ時にも役立ちます。

ちなみに、キャリーカートに荷物を載せるのではなく、子供を乗せて運んでおる場面を目にすることがあります。キャリーカートは、耐荷重が100kgくらいある商品もあり、子供の体重からすると耐荷重的には至って問題がありません。実に、子供が双方乗っても難なく退くことができます。
子供を連れていると、駄々をこねたり、言うことを聴きてくれなかったり、泣いて動かなくなったりする事が多々ありますが、そんな時に子供をキャリーカートに乗せると、おとなしく乗ってくれ、子供は上機嫌で、大人も楽チンです。
但し、キャリーカートに子供が乗ずることは推奨されていないので、その場合は自己責任で細心の注意を払って乗せるようにしましょう。

このようにキャリーカートが活躍するおすすめの使い道は、各種アウトドア行事はもちろんのこと、音楽フェスや野外フェスなどの野外イベント、スポーツ観戦、海水浴、運動会、ガーデニング、家庭菜園、普段のお買い物など、各種事に使えます。推薦