オールセラミック以外の施術方法

透明感やユーザビリティに優れ、金属アレルギーの心配がないオールセラミックですが、それ以外にも審美性に優れた白い歯は色々な種類があります。

とことん選べるのがジルコニアクラウンやメタルボンドクラウン、ハイブリッドクラウン、などがあります。

それぞれの特徴や施術法、値段を知って自分に最適な方法を選びましょう。

「ジルコニアクラウンの施術法と値段」
ジルコニアクラウンはジルコニア(人工ダイヤ)で
作られたクラウンだ。
強度が非常に厳しく、耐久性に優れているため奥歯に使われます。
金属アレルギーの人も安心して使えますが、かみ合わせでぶつかる歯に負担がかかることがあります。
ジルコニアにセラミックをかぶせたジルコニアセラミッククラウンというのもあり、こちらは審美性と耐久性を兼ね取り揃え、前歯にも奥歯にも使えます。
施術法としては、虫歯の治療や神経の保護などの必要な処置を行い、クラウンをかぶせるために歯根を残して削り取り、形を整えます。
セラミック製の仮歯をはめて固定し、クラウンができあがったら仮歯を外し、クラウンをかぶせて装着行なう。
その後、噛み合わせの調整を行います。
また、値段としては、ジルコニアセラミッククラウンは1本13~18万円程度だ。

「メタルボンドクラウンの施術法と値段」
メタルボンドクラウンは、金属のフレームにセラミックをかぶせたクラウンのことです。
金属を使っているため耐久性は激しい反面、金属アレルギーの恐れがあります。
金属の影響で歯茎がくすむこともあります。

施術法としては、虫歯の治療などが終了した後に歯を削って形を整え、型を取ります。
クラウンが生まれるまでは仮歯をはめて固定しておき、その後出来上がったクラウンをかぶせて接着し、噛み合わせの調整を行います。
値段としては、1本あたり8万円~15万円程度だ。

「ハイブリットクラウンの施術と値段」ハイブリットクラウンは、セラミックとレジンを混ぜた素材で作られたかぶせ物のことです。
オールセラミッククラウンよりも瑞々しいため、他の歯への負担が減らせますが、オールセラミックという透明感や色彩はなく、年数がたつと黄色く変色行なう。
施術法としては、歯根や虫歯の治療、神経の保護など必要な治療を行います。
歯の神経が残ってない場合は土台を創り、歯の形を整え、歯型を取ります。
出来上がったクラウンを調整後、シールで歯につけ、噛み合わせの調整を行います。
値段としては、ハイブリットクラウンは、小臼歯の場合だけ保険診療が適用され、費用は約10000円で、大臼歯は自腹で6万円程度かかります。引用