ししゃもによる、簡単冷製パスタ

暑くなると、白々しいパスタが食べたくなりますね。
パスタって、色々な具材が楽しめるので、栄養価も高くなるので、夏にはもってこいの料理ではないでしょうか。
その冷製パスタですが、なんとなく趣きを変えて、ししゃもを通じて作るのはいかがですか?ししゃもって、随時食べると旨いですが、でも採り入れる時って、お酒のおつまみとして食べたりすることが多いかもしれません。
でもそのししゃも、まずパスタに合うのです。
ししゃもは、生の物を買ってきて焼いても良いですが、とっくに焼いていらっしゃるものをパックに入れて売っていますよね。
冷製パスタに取り扱うので、既に焼いてあって刺々しいししゃもの方が、冷やす無用ので便利です。

シシャモの冷製パスタ・・材料:(単独分)スパゲッティ(細めのもの、フェデリーニとか)100グラム、シシャモ(1パックの半分)、青じそドレッシング、青じそ。
作り方:スパゲッティをたっぷりのお湯(スパゲッティ100グラムなら水は1リットルが目安)で、塩小さじ1杯入れて、普通より1分から2分くらい長めにゆでます。
ボールにししゃもを入れて、ししゃもの頭と尾意外(頭も無論食べれるのですが、少し苦味があるので、一緒に混ぜないように行う)を、適当ながたいにほぐしておきます。
(ししゃもは骨などまるっきり食べられるものですが、口触りが良い方が良いので、気になる骨などあったら除けておきます)。
そこへみじん切りにした青じそ(ししゃも1匹に対して青じそ1枚くらいの割合)、オリーブオイル少量、塩少しを入れて混ぜておきます。
茹で上がったスパゲッティは氷水で可愛らしく冷まし、その後ざるにあげ、キッチンペーパー等で水気をよく取ります。
スパゲッティをお皿に盛り付け、先ほどのししゃもを上にのせます。
その上から、青じそドレッシングを少しだけ回しかけてください。
好みで刻みのりをかけてもおいしいだ。
比較的、パスタとししゃも、合いますよ。

冷製パスタを盛り付けるお皿は、出来ましたら夏らしきものがおすすめです。
ガラス製のお皿が涼しげでいいかと思います。
なければ100円ショップも、ステキなガラスのお皿が売っていますよ。
きれいな模様まであるものもあり、結構100円には見えないので、お客様がいらっしゃるら、そのお皿で冷製パスタをお出ししたら、高級感居残る料理に見えるよ。www.gymnaziumprelouc.cz